歯医者で身体全体を健康にしよう|丁寧親切デンタルCARE

女の人

口内が発酵している

先生

口臭は口内が発酵することによって起こってしまいます。主に食事によって発生しますが、他にも喫煙の習慣があることによって口臭が悪化するという場合もあります。その点に気を付けてケアをすることが必要です。

詳細を確認する

歯医者で歯周病予防

医療器具

文京区の歯医者では歯周病の予防に効果的な治療を受けることが出来ます。健康的な歯を維持したいなら、こうした治療を受けてみることが大切です。医師の支持の元で歯のケアをしましょう。

詳細を確認する

強度がある義歯

案内

何らかの原因で自分の歯を失ってしまったのであれば、京都の歯科でインプラントの治療を受けると良いでしょう。保険適用外ですが強度も見た目も自分の歯のような義歯が手に入ります。

詳細を確認する

歯磨き粉の歴史を辿る

歯医者

歯磨き粉とは、歯磨きの際に使用する製品である。一般的に流通しているのはチューブ入りのペースト状の製品で練歯磨剤と呼ばれ、日本では薬事法により化粧品、薬用化粧品(医薬部外品)に分類される。かつては粉状の歯磨剤が使われていたことからペースト状だが歯磨き粉と呼ばれている。歯磨きの際に適量を歯ブラシに付着させて使用し、基本的には歯磨き後嚥下せずに吐き出す。歯磨剤には様々な薬用成分が配合されており、汚れを落とすだけでなく虫歯や歯周病を予防する為にも使用する。インプラントで得た歯もキレイにするために適切な歯磨き粉を選んでおく必要があります。

歯磨き粉は紀元前1550年頃に古代エジプトの医学書パピルスに詳しく記載されているものが最古であるといわれていて、エジプトでは四世紀頃には、食塩、ミント、黒胡椒、アイリスの花を混ぜ合わせた粉末状の歯磨剤が使用されていた。日本では三世紀の頃に仏教と共に伝わり、塩を使用した歯磨きが行われていた。1625年には江戸で丁字屋喜左衛門が「丁字屋歯磨」「大明香薬」と呼ばれる歯磨剤の販売を開始した。アメリカでは18世紀に焦げたパンを混ぜた歯磨剤が使われていた。1800年の始め頃、歯磨きは歯ブラシと水だけで行われるのが主流だったが、その後粉末状の歯磨剤が広まっていき、1900年頃にはペースト状の製品が勧められるようになった。

歯磨き粉の使用のメリットは、歯垢除去が促進され、薬用成分により歯垢の再付着や再形成をふせぎ、歯肉の炎症を抑えたり、フッ素により歯質の強化ができる事である。歯磨剤を使用した過度な研磨によりエナメル質に傷がつき虫歯になりやすい状態になる可能性がある事である。また芳香剤により、実際には不十分にしか磨けていなくても、爽快感により磨けていると判断してしまう。こうしたことにより、歯磨剤は歯ブラシと水のみでブラッシング後に仕上げ磨きで歯磨剤を使用する方法を勧める歯医者もいる。インプラントを行なった際にも歯医者によって歯磨き粉に対するアドバイスをくれます。